×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

うつ病の症状

うつ病は、恥ずかしがる病気でも治らない病気でもなく、適切な治療を早期に行えば半年ほどで回復します。うつ病の治療は、薬物療法と十分な休息をとることです。うつ病の患者は、何らかの原因によりセロトニンとノルアドレナリンという神経伝達物質が減少しています。これらの物質によって、気分や意欲、食欲、記憶といったものが神経に伝達され、それでわたしたちの気持ちが活性化しているわけです。うつ病の薬物療法は、神経伝達物質の量の正常化のためです。

うつのチェック

手軽なうつのチェックの方法はあるのでしょうか? 病院に行くまでに「わたしはうつなのだろうか」と疑問を抱いた時などに、軽くうつのチェックができるととても便利です。うつかどうかわからない場合に、早めにうつのチェックを自分で行うことで、「自分はうつである」と早期発見できるので、そのぶん治療も早く受けることができます。うつのチェックのポイントとしては、「とても憂うつな気分になってしまって、何に対しても興味が湧かず、やる気が起きてこない」というものがあります。これは、うつの症状の中でも比較的多くみられるものです。また、「最近、なかなか眠ることができないのに朝早く目覚めてしまう」ことや、「この頃、食欲が湧かない」などのうつのチェックのポイントもあります。これらのうつのチェックのポイントは、一見少し体調が良くないだけですぐ治ってしまいそうなものだと見過ごしてしまいがちです。しかしこれらのうつのチェックの項目はうつという症状の初期症状によく見られるものです。

うつの原因

うつの状態というものは、誰でも経験したことがあると思います。例えば、うつの原因というものがハッキリしている場合があります。親しい人を亡くしてしまった事がうつの原因になることもあります。このように、ハッキリとしたうつの原因があることもあれば、あまりハッキリとしたうつの原因が思いつかない場合もあります。そのような場合は、もともとなんらかのうつの原因となるものがあり、うつの状態に入ってしまい、それがそのまま本当のうつ病に悪化した…という場合が考えられます。たいてい、うつの原因となるものがあり、うつの状態に入ってしまっても、2、3週間ほどで、うつの状態から立ち直るものです。うつの原因として性格というものも挙げられます。たとえば「うつになりやすい性格」というものもあります。人に気を使って、我慢してしまうタイプの人などはうつになりやすい性格かもしれません。また、人の目を気にしすぎてしまうことも、うつの原因でしょう。